雨のち晴れ

感情を文章にする練習してます

極東Popへようこそ

2月5日に発売された、Sexy Zoneの7枚目のアルバム「POP×STEP!?」を購入しました。ジャニヲタ11年目、ついにセクゾに手を出しました。まさかです。

しかも曲が好きすぎてこんなブログまで書き始めました。購入1日でブログ書くのはじめてだよ。どうするよこんなん沼落ちカウントダウンはじまってんじゃん!!!!

 

先に言っとくと、私はそこら辺にいる90〜00年代のジャニーズを通ったJr.担なので、セクゾの楽曲はJr.が歌ったことある曲と、いいから聴けと友達に押し付けられて借りた「XYZ=repainting」の曲ぐらいしかわかんないです。だからタワレコ行ってセクゾのコーナー見て「え、こんなにアルバム出してたの……」と驚愕しました。そしてさっき冒頭に7枚目って書いてまた驚愕。(ポニキャの公式サイトで確認した)そりゃマリウスがあんなに大きくなるんだもんそうだよね……(とか言ってますがマリウスは同い年)

 

そんな1ジャニヲタのメモ書きみたいなブログなので割と好き勝手言います。これでわたしの周りのセクゾ担じゃない人たちが「POP×STEP⁉︎」を買ってくれるといいなと思いながら。

 

まず、買うことを決めた経緯は、わたしの好きなchelmicoが風磨くんにソロ曲を提供したからです。前から風磨くんとchelmicoの共演は熱望していて(風磨くんのソロは友達に見せられたサマパラで履修済み)、ツイートしてレイチェルにいいねされたことある。心臓飛び出るかと思ったよね。余談でした。

 

アルバムに話は戻りますがまずコンセプトが最高に好き。

2020年という東京が世界的にフィーチャーされる年に発表するSexy Zone 7枚目となるオリジナルアルバム『POP × STEP!?』。(読み:ポップステップ)今作は様々なポップソングを『Sexy Zone』というフィルターを通して東京から発信する!をコンセプトに、過去作と比べても更に「ポップス」に言及した作品となります。王道のポップスをはじめ、様々なジャンルのポップソングをSexy Zoneを通してオリジナルのJ-popに消化した彩りの豊かさが特徴の1枚です。

ポップスを集めたアルバムってジャニーズ時々やるじゃないですか。嵐だとPopcornとか、V6だとOh My Goodness!!とか。こういうアルバムはコンセプトが初心者でもわかりやすくて入門編としてすごくいいと思っていて。とっつきやすいと思うんですよね〜知らんけど(得意技)

 

さて前置きはこれぐらいにしてそろそろ再生しましょうかね、ぽちっとな。(なんか古くない?)

 

1.極東DANCE

イントロの「ダダッダッダッ」でもうテンションブチ上がりません???多田慎也さん×A.K.Janewayさんの共作ってやっぱり天才?????(cf. バズりNIGHT、君のうた/嵐)

これコンサートめっちゃ盛り上がるんだろうなあ、めちゃめちゃ照明と映像を贅沢に使った演出がいい。

歌詞を見ると結構言い回しが古風で慣れない言葉が詰まってるけど、曲がめちゃくちゃにポップスだからジャニーズっぽい。そう、ジャニーズっぽい。テレビジョンで勝利くんが言ってたけど、今作における「J-pop」はジャパニーズとジャニーズのダブルミーニングなのでは??と思っています。

風磨くんの艶っぽい「飛べ 飛べ」に対して、ケンティーの真っ直ぐな「行け 行け」がふまけんっぽくてすごいいいなと思いました(小並)

 

2.恋のモード

私が知ってるSexy Zoneはこれ!!!!!!セクゾって5人ともこういうかわいい曲に似合う声してるから、無条件に好き!!!!!ってなる。「ワンツースリー!」って始まるのかわいい。ケンティーの「ベイビー」ってめっちゃ甘いんすね。甘すぎて胃もたれしそうだけどそれすら心地いいみたいなことなんですかね?わかります(?)セクシーマジックかよ。

てか調べたらこの作詞作曲してる浅利進吾さん、我らが関西ジャニーズJr.の王道曲「浪速一等賞!」と「バンバンッ‼︎」作ってた。好きなわけだよ。お世話になってます。あとこれはV6担のお友達に向けた私信なんですけど、カミセンの「12ヶ月」も作られてました……死

 

3.禁断の果実

これライブで絶対盛り上がるし演出も最高に色っぽくして欲しい。もうペンライト振りたいもん(行く予定はありません)なんていうか……アイドル全開の大人の曲って感じ。ちょうどいい言葉が見つかりませんが。歌詞もすっごく軽いし曲も踊りやすくてキャッチーな感じだけど、セクゾにしか歌えない感じある。今のセクゾだから歌える感じ。こういう曲調、勝利くんの声が活きるなぁと思ってます。

 

4.Honey Honey

これ知ってるよ!ソフティモのやつだね?!スタンドマイクの可愛いやつ!!!麒麟の子の両A面じゃない?!?(曖昧な記憶で喋ってる)よくYouTubeの広告で流れてきて思わず最後まで見てました…………

てかさあ!歌詞見るために歌詞カード開いたらさあ!勝利くんが不敵な笑み浮かべててさあ!!この人ほんとにこの日本にいるんですか?え?まじで?いや、顔ちっさ!!!ほぼ目じゃない?この顔捉えられるカメラマンさんすげえ……私なら手ブレがおぞましいことになる(曲の話して?)

あ、これ聴くとしばらくはケンティーに「うるうるなその笑顔〜」って口説かれるのわたしだけですか?

 

5.タイムトラベル

HIKARIさんには信頼しかないです、はい。

これはあれですよね、同窓会で昔好きだった女の子に会って昔の好きだった気持ちを思い出してしまってドギマギしてるんですよね?しかもその情景が思い浮かびすぎる歌詞!!!!!天才?!?!!?

英語を挟み込むことによって洋楽っぽい曲に上手く溶け込んでるけどサビ終わりの「げに That's why I can't move」ってめっちゃ古文……!直訳すると「なるほど、だから僕は動けない」……昔のトラウマがよぎる男の子……

そして最後に急展開!!!!「この後2人でどう?」ってお誘い。短編小説でも読んだんだろうか……きゅんきゅんしてしまったわ……

結論ですか?HIKARIさんには信頼しかないです(2回目)

 

6.Blessed

めっちゃLUCKY TAPES……!(頭抱) もちろん作詞作曲編曲までLUCKY TAPESのボーカルの高橋海さんなので当たり前なんですけど……

そんで出だしのマリウスめっちゃ良くないですか……エッ好き……ってなって止まらないんですけど……めっちゃ似合うな……

情報解禁されたときに高橋海×菊池風磨は合うだろうなあと思ってたんですけど、マリウス君めっちゃ似合うな……!と度肝を抜かれました。Sexy Zoneってこういうちょっとセンチメンタルな感じの雰囲気も似合うんだな……勉強になります……

 

7.BLUE MOMENT

アオハルしよ…………漫画とかの青春じゃない、等身大すぎる青春に泣きそうになった。誰もが通ったことのある青春。卒業式で泣きたい気分になってきた(?)

中高生ってたった人生の6年なのになんであんなにエモーショナルで思い出したくなるんでしょうね?きっとあの空間が大好きだったからなんでしょうね。社会にはない、切り取られた異質な空間だからこんなにも泣きそうになる。

それに重ねた「青い瞬間」。あっという間なんだな、青春…………

 

8.◯△□

めっちゃエモい気持ちになって次のトラックに進んだら突然気分が軽くなりました。イントロから最高のポップスだ!!!!まるさんかくしかくってめっちゃかわいい……あんなに爽やかにまるさんかくしかくっ!って歌う人たちいるんだね……最高じゃん。凹を「四角い箱の中に押し込まれるのはごめんなさい」って表現するの好きだなあ。ディズニーのパレードを見てるみたいにハッピーな気持ちになれる曲。サビの手拍子やりたい。

 

9.ダヴィンチ

うわー!めっちゃすきー!って思ったらMiNEさん。お世話になってます。これもライブで盛り上がるやつー!(3回目)

芸術とは何か教えてよダヴィンチさん!って曲なんですよね。どれを芸術とするのか曖昧になってるこのご時世にぴったり……2020 日本の未来はバズるんですか?きっとSexy Zoneはバズります、ええ!!この歌うたえるもん!答えはダヴィンチじゃなくてSexy Zoneが答えてくれます。

歌詞カードで隣合わせの風磨さんがモナリザに見えてきたぜ。

 

10.まっすぐのススメ!

タイトルからめっちゃSexy Zone全開じゃないですか?わたしのイメージはこんな感じです。Sexy Zoneってハロプロと親和性高いからさ。サビで「ウサギさんマインド」って歌わせるのずるくないです?めちゃくちゃアイドルのポップスって感じで、これ嫌いなジャニヲタいないと思う。あとめちゃくちゃ個人的な話するとこれを私の自担である大晴くんに歌って欲しいです。めっっっっっっちゃ似合うと思う。はあ好き。

 

11.Tokyo Hipster

ヒップスターってスラングで、流行に敏感な若者だけど、人とは違うことが好きでマイナーな音楽とかファッションが好きな人たちを指すみたいです。世間の流行わかんないな〜って我が道を行くタイプみたいな。ちょっと世間を斜めに見てそう……って思われがちな感じ?それを知ったうえで歌詞見るとなるほど〜ってなるんですわ。世界の先端にいるTOKYOで流行のその先にいようとするTokyo Hipsterな4人。超かっこいい。

 

12.MELODY

新参者のわたしにSexy Zoneが手を差し伸べてくれてる……?!って絶賛勘違いしたくなりました今覚えたばかりのセクゾの歌をわたしとセクゾを繋いでるんで……君はもう友達さとか言われちまったよ……どうすんだよ……tofubeats天才か……?声に少しかかったエフェクトに重なるクラップにおしゃれなトラック……セクシーマジック再び🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️

 

13.One Ability

 MiNEさん再び!お世話になります!!!ってテンションではないです……ごめんなさい……ドがいくつついても足りない失恋ソング……

1番のサビでひとつだけ残った想い、2番のサビでふたつの糸は解けたと対比になってるのがわたしは好きです。あとマリウスの「切なさ」がほんとに切なくて抱きしめたくなりました……

にしてもなんでこんなオシャレなん!!!すきやし!!!(急なキレ芸)

 

14.それでいいよ

これメンタルズタボロの時にイヤホンから流れきたら号泣必至のやつじゃないですか……白いライトに照らされて歌い上げるメンバーが見えました……おめでとうございます……

好きな人から「どんな君だってそれでいいよ」なんて歌われたら泣かないわけない。歌詞読めば読むほど泣けるし、がんばろって思うし、ゆっくりしよって思うし、めちゃくちゃ色んなパワーが貰える曲。たぶん10年後もこれ聞いて元気になってると思うな、わたし。

 

15.麒麟の子

さすがに知ってます。サビだいたい踊れます。ブラック校則の主題歌だったもんね。カウコン見ながらめっちゃ踊りましたとも、ええ。マリちゃん今年は落ちなくてよかったねえ☺️って思ってました。この曲、ゆとり世代と言われる時代を生き抜いてるSexy Zoneだから歌える気がします。「飼い慣らされていた〜」のとこめっちゃすき。

 

16.HIKARI

爽やかなイントロに乗せられた疾走感。これはアイドル対ファンの王道ラブソングだと思うんですけどどうですか?やはりジャニーズのアルバムの王道を行くのが上手すぎる。「僕にとっての光 それは君だ」ってめちゃくちゃ私たちの関係じゃないですか。ファンにとっての光 それはアイドルだし、アイドルにとってもファンがそうならいいなと願うばかりです。Sexy Zoneだけじゃなく、すべてのアイドルとそのファンの主題歌になりうる曲で堂々のDisc 1はフィニッシュ。最高のJ-popじゃん。

 

Bonus Tracks

1.Show must go on

勝利くんって骨の髄までジャニーズなんだな……って泣きそうになった。ステージに、しかも大舞台に立ち続けてるアイドルにしか書けない歌詞だ……と圧倒されて初めて聴いた時口が半開きだったのは女としてどうかと思う。

1番では不安が残ってるのに、2番では殻を破り始めてて、大サビ前で「後は君が溺れてしまうだけ」だなんて!!!!!ずるい!!!!!!こんな詞を書けるアイドルがセンターにいるグループ、売れないわけなくない?

 

2.SHE IS...LOVE

めっちゃケンティー様……ひれ伏した。少クラとかでソロ見たことあったけど毎回中島健人中島健人で超えてくるなと苦しくなります。ケンティーの作る曲って聞いた人が絶対にその曲の主役、しかもヒロインになれるからすごい。ケンティーと赤い糸繋がってるんじゃないかって本気で思っちゃう。こんなに「愛してる」って言葉を使わずに「愛してる」を伝えてくる人ってケンティー以外にいるんですか世界????

 

3.HAPPY END

これを聴くためにこのアルバムに3300円出したんですけど……実際聞いたら何から書くのが正しいかわからなくて……どうしよう。

えっととりあえずchelmico菊池風磨はやばい。もう曲のクレジットだけで泣きそう。『作詞:Rachel/Mamiko/Fuma』って……幻ですかなんですかこれ……

1音目で背筋をぞぞっと何かが這った。そして一言目が「これが最後のまたね」……タイトルと歌詞のギャップがすごい。またねってバイバイよりも優しい言葉だと思ってて、たった3文字の中にこの先を感じさせるマジックワードなんですよね。それに「最後の」ってつくってことは次はたぶん「さようなら」が待ってるんですよ。あと一回しかないんだよ、何がとは言わないけど。しかも登場人物が多くて、一貫した1人の感情の揺らぎだけじゃないのが面白い……やだ天才が多すぎる!!!!!

しかもサビにレイチェルとまみこちゃんのコーラス入ってる……(泣)まさか風磨くんとchelmicoの声一緒に聴けるなんて思ってなかった(泣)絶対ライブ見に来てくれるじゃん(泣)てかハムレットも見に来てくれたもんね(泣)

ポニキャさんへ、早くこのソロのライブ映像ください(まだツアー始まってもない)

 

4.all this time

英語詞でボロ泣きしたの初めてかもしれない……。日本語詞読む前に英語追って聞いたけどマリウス、君って子は……(2回目)

英語詞のところは大好きなパパとママ、そして自分に向けた内向きのメッセージで、日本語詞のところはファンとメンバーに向けた外向きのメッセージなんじゃないかなって解釈したら余計に泣けてきたのでマリウス今すぐ抱きしめたい!!!!!(やめて)

 

 

こんな感じでやっと全部聞けました。全部が全部良曲すぎて全然次の曲に進めないから困る。最高のアルバムでした……

なんかSexy Zoneの「アイドル」「キラキラ」「キャピキャピ」「わちゃわちゃ」な部分に加えて、デビュー9年目で酸いも甘いも味わってきた彼らの等身大のメッセージをあえてポップスに詰め込まれているところに今年最高のエモーショナルを感じました……Sexy Zoneはいいぞ。は~~~~ライブ行ってみたくなってきた。え、もう当落終わってるんですか???切腹…………

 

さて、次に手を出すのはライブDVDですかね!!!!どれがおすすめですか?